So-net無料ブログ作成
検索選択

次世代車、10年後20〜50%=国内販売で目標−経産省(時事通信)

 経済産業省は12日、電気自動車やハイブリッド車などの普及策をまとめた「次世代自動車戦略2010」を発表した。現在、国内新車販売台数に占める次世代車の割合は10%に満たないが、10年後の2020年に20〜50%、30年には50〜70%まで引き上げる目標を設定。達成に向け、購入補助やメーカーによる研究開発への助成など、財政支援の必要性を訴えている。
 新戦略は、充電施設の整備も次世代車普及のカギを握るとして、20年までに全国で普通充電器200万基、急速充電器5000基とする目標を掲げた。実現のためには、民間企業がビジネスとしてガソリンスタンドや商業施設などに充電器を設置することが不可欠で、その呼び水となるよう、今後5年程度の間に国や自治体が集中的に整備を行う。
 また、次世代車に搭載される蓄電池や高性能モーターの製造に欠かせないレアメタル(希少金属)を確保するため、官民一体で権益獲得に取り組む。一方で、使用済み電池などからレアメタルを効率的に回収する技術や、レアメタルを使わずに同様の効果をもたらす代替素材の研究も並行して行う。 

【関連ニュース
【特集】トヨタ リコール問題
【特集】話題の車-エコカー新時代到来=時事ドットコム編集部が徹底検証
〔用語解説〕「エコカー割引」
中古車販売、初の400万台割れ=4年連続減
高速料金、実質値上げへ=建設財源に1.4兆円

ドミノ・ピザに強盗、捕まえてみれば元社員(読売新聞)
現場の混乱招いた? 新型インフル対策の「広報」で議論(医療介護CBニュース)
元横綱主治医、1億円所得隠し=架空経費を計上−東京国税局(時事通信)
<傷害容疑>蛇口に頭ぶつけ乳児重傷 21歳父親逮捕 大阪(毎日新聞)
沖縄密約「全面開示」 どよめく原告 「一種の革命」(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。