So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

【新・関西笑談】火を噴くアーティスト(5)現代美術作家 ヤノベケンジさん(産経新聞)

 ■芸術を否定されたまま逃げ出せない 「水都大阪」は橋下知事との戦いだった。

 −−「水都大阪2009」について教えてください

 ヤノベ 僕にとって大阪で初といっていいくらいのアートを軸にしたイベントだった。しかし、橋下徹知事が就任し状況が一変した。当初は、海外からアーティストを呼んでさまざまなイベントを催すはずだったが、大幅な見直しが迫られた。橋下知事も「一般の人はアートはわからないもん。そういったものに金を出す必要はない」という。そして、多くの関係者はなすすべもなく逃げ出すことになったのです。

 −−でも、どうして踏みとどまったのですか

 ヤノベ イベントの大幅な予算カットと内容の見直しは、ある意味で僕自身が否定されたことだと思いました。でも、アートに否定的な人たちを含めて、アートの価値や意味をしっかりとわからせることができなければ表現者として今後やっていけないとも同時に思いました。

 −−怒りの矛先が自分にも向かったわけですか

 ヤノベ 僕自身ももともと、アートの閉塞(へいそく)性を打ち破ろうとしてやってきましたから。否定されると、自分の存在やアート自体の可能性もなくなっていく危機感があった。橋下知事に「芸術は面白くない。お金を使う必要はない。二の次でいい」と思われるのはまずいと。周囲が逃げ出すなかで、自分がやるしかないと思いました。

 −−リスクが高い賭けでしたね

 ヤノベ 予算もないし、もうかるわけでもない。しかも失敗すればメディアなどにさらされる。橋下知事はメディアがバックに付いたコメンテーターで、白であっても黒といえば黒になり、黒であっても白といえば白になる。大きな力を持っている。戦いを挑むには状況が悪すぎるなと。でも、逃げ出せばきっと後悔すると思った。そうした状況のなかで橋下打倒を決意しました。

 −−勝算はあったのですか

 ヤノベ やるなら勝たないといけない。同時に何とかなるとも思った。大阪生まれのべたべたのキャラクターであるトらやんがいれば、橋下知事や一般の人にアートを分からせるツールになるはずだと。

 −−具体的なプロジェクトはどういったものですか

 ヤノベ 橋下知事を包囲するプロジェクトです。市役所の玄関ホールに7メートルを超す巨大ロボットの「ジャイアント・トらやん」を配置し、京阪中之島線の駅に、トらやんを置いたりした。水都・大阪ということで、中之島から道頓堀周辺の川を全長17メートルのアート船「ラッキードラゴン」を回遊させたりしました。

 −−多くのボランティアも集まったと聞きましたが

 ヤノベ 多くの人が手弁当で制作を手伝ってくれました。町の人によってプロジェクトが支えられる構造となったことは一つの成果。力を結集してプロのアートを見せることができたと思う。

 −−町が劇場、あるいは美術館のようでしたね

 ヤノベ 大阪の町のいたるところで、アートを満喫してもらえたと思う。アートは必要ないと思っている人たちにも、生きる力や勇気を与える存在であると理解してくれたと思っています。

 −−そうした成果が、大阪文化賞の受賞につながったのでは

 ヤノベ 多くの人が支えたイベントであったのに、僕個人に賞が与えられて、正直驚いている。でもアーティスト生命をかけて挑んだ思いを橋下知事や多くの人が受け止めてくれたんではないかと思っています。でも、そこで終わりではない。文化は一過性ではないと橋下知事に訴え続け、これからも大阪の文化力を育てていく活動をしていかないといけないと痛感しました。=おわり(聞き手 今西和貴)

                   ◇

 次回は冒険家の永瀬忠志さんです。

裁判員の辞退希望21%、70歳以上・学生…(読売新聞)
小沢氏を事情聴取=都内で4時間予定−「認識」「原資」焦点に・東京地検(時事通信)
都議補選・島部選挙区は自民が民主破る(読売新聞)
小沢氏「金足りてるか」 石川容疑者ら「収支を説明」と供述(産経新聞)
<ポリグラフ検査>「誓約するのは抑止力になる」北沢防衛相(毎日新聞)

<長崎漁船沈没>第2山田丸の船名を再確認 水中カメラで(毎日新聞)

 長崎・五島列島沖で底引き網漁船「第2山田丸」(113トン、不明乗組員10人)が沈没した事故で、船体引き揚げの可否を調査している「日本サルヴェージ」(本社・東京)が、水中カメラで第2山田丸の船名を改めて確認し、27日に画像を公開した。画像には船体の「第二山田丸 長崎」の文字がはっきり写っている。

 第2山田丸は水深約150メートルの海底に沈んでおり、撮影は25日早朝に実施された。既に長崎県総合水産試験場の調査船が、17日に水中カメラで撮影した映像を公開しているが、その際は、船体の別の場所で「田」「丸」の文字などが確認されただけだった。

 第2山田丸が所属する「山田水産」(本社・長崎市)が、日本サルヴェージに船体引き揚げの可否調査と船名再確認を依頼。同社は24日から現場海域で調査を始めていた。【蒲原明佳】

コミック試し読み端末、試験運用好評(読売新聞)
損保会社から80万騙し取る 架空や水増し、柔道整復師と患者を逮捕 警視庁(産経新聞)
タリバン社会復帰へ基金=5億ドル規模、日英提案へ−アフガン支援(時事通信)
<小沢幹事長>「包み隠さず申し上げた」 聴取後に会見(毎日新聞)
民主 陸山会事件の捜査長期化を懸念 小沢氏「信念貫く」(毎日新聞)

小沢氏が東京地検特捜部の事情聴取要請を応諾(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、小沢氏が東京地検特捜部に対し任意の聴取に応じる意向を伝え、日程調整に入ったことが19日、関係者への取材で分かった。小沢氏は今月5日の聴取要請に応じなかったが、「説明責任を果たしていない」との批判を受けて聴取を応諾したとみられる。

 一方、関係者によると、民主党衆院議員の石川友裕容疑者(36)は虚偽記載した動機について「小沢先生が大金を持っていることを表に出すと、党代表戦に影響すると考えた」と供述しているという。

 代表選は平成17年9月、郵政選挙の大敗で当時の岡田克也代表が辞任したため行われたが、辞任しなければ岡田氏の任期は18年9月までだった。収支報告書を提出した17年3月時点では予定されておらず、特捜部はさらに説明を求める。

 また、石川容疑者は公設第1秘書の大久保隆規容疑者(48)に随時、政治資金収支報告書の作成を報告していたとも供述。元私設秘書の池田光智容疑者(32)も「大久保容疑者の指示があった」などと説明し、大久保容疑者の関与を認めている。大久保容疑者は容疑を否認しているという。

【関連記事】
荒れる国会「ドラ息子」「すねに傷」 やじに傍聴人は「声聞こえぬ」
小沢幹事長が輿石代行と会談 党代議士会では笑い声も
東国原知事「不信感増長させた。小沢氏は国民に広く説明せよ」
小沢氏疑惑 閣僚反応 前原氏「事情聴取応諾は大変結構」
民主党やテレ朝に銃弾?入り封筒 小沢幹事長絡みの文書同封

<はなかっぱくん>NHK教育のテレビアニメに 3月放映(毎日新聞)
ぶつかったと因縁、公園で暴行 少年5人逮捕 横浜(産経新聞)
NHK朝ドラ、午前8時開始に(時事通信)
不適切対応職員の契約解除=NHKサービスセンター(時事通信)
「無実」を聞いてもらいたい…菅家さん会見(読売新聞)

新警視総監「正しい人の力に」(産経新聞)

 第88代警視総監に就任した池田克彦総監(56)と勇退した米村敏朗前総監(58)が18日、警視庁内でそれぞれ会見した。

 事務の引き継ぎや職員へのあいさつを終えて会見に臨んだ池田総監は、「正しいことをしている人たちの力になるのが警察の使命。これをモットーに、日本の治安の確立に努めていきたい」とあいさつした。

 池田総監は、振り込め詐欺対策やひったくりなどの街頭犯罪対策の強化を通じた体感治安の向上を目標として掲げる一方、警察庁長官銃撃事件や八王子スーパー強盗殺人事件など、今年中に時効を迎える重要未解決事件について「なんとしても解決に向け、総力を挙げて取り組みたい」と語った。

 一方、池田総監に先立って会見した米村前総監は、在任中に起きた元厚生次官ら連続殺傷事件、中央大教授刺殺事件について「解決できたことをひそかにうれしく思っている」と総括。警視庁職員らに向け、「警視庁は日本警察のすべてではないが、警視庁を失えば日本警察のすべてを失う。都民、国民の期待に沿うしっかりとした警察活動を展開してほしい」とのメッセージを託した。

水俣病訴訟 熊本地裁が和解勧告 不知火患者会と被告に(毎日新聞)
鳩山首相「権力でメディア歪めるつもりない」(産経新聞)
早大の賠償額を減額…風力発電訴訟2審判決(読売新聞)
看護師の業務範囲拡大の要件で議論(医療介護CBニュース)
<陸山会土地購入>小沢幹事長聴取、再び要請 東京地検(毎日新聞)

村越議員たった一人の反乱 「小沢幹事長辞任せよ」(J-CASTニュース)

 民主党の村越祐民衆院議員(35)が、小沢一郎幹事長の辞任を求めて注目を集めている。同党の都道府県連からは、「参院選を戦えない」との不満も広がり始めた。しかし、選挙では小沢氏への依存が強かっただけに、辞任要求に呼応するまでには至っていないようだ。

 ほとんどの民主党議員がダンマリを決め込む中で、一人反旗を翻したのが、千葉5区選出で当選2期目の村越祐民議員だ。

■政治資金で不動産と批判、辞任求める

 通常国会が始まった2010年1月18日、自らのブログで意表を突く決意表明をした。なんと、「小沢幹事長は自ら責任を取るべきです」と幹事長辞任などを求めたのだ。

 村越議員は、小沢幹事長が説明責任を十分に果たしたとはいいがたいと述べる。例えば、「政治資金で、なぜ不動産を買う必要があるのか、私には到底理解ができません」。そして、小沢氏個人の問題が党全体の問題のように扱われ、小沢対検察でなく民主党対検察にすり替えられてしまったと言うのだ。

 さらに、民主党ばかりでなく、国民にも迷惑をかけているとする。それは、国会で国民生活のために様々な議論をすべきところを、「政治とカネ」の問題で審議がストップしている状態だからだ。

 政治家としての優秀さや貢献は認めるものの、現職議員を含む秘書ら3人が逮捕された事実は重いと指摘。国民への政治的・道義的責任があると結論づけている。

 村越議員は、週刊文春の21日発売号でも、取材に対し、同様な意見を展開している。また、日刊スポーツでも19日に取材に答えており、返す刀で、一蓮托生を決め込んだ鳩山由紀夫首相のリーダーシップのなさを批判し、辞任を求めるべきだとしている。

■「参院選戦えない」と不満高まるが…

 ネット上では、村越祐民議員の発言について、小沢一郎幹事長への恨みや売名からだとうがった見方もある。村越議員の事務所にも、賛否様々な意見が寄せられており、中には脅迫めいたものもあるという。しかし、村越議員は、「信念に従って発言し続けることでしか国民のみなさまの負託に応えることはできない」とブログで訴えている。

 新聞各紙の世論調査で、鳩山内閣の支持率が軒並み下落したのを受けて、民主党の各都道府県連でも不満が高まっている。

 TBS系で2010年1月21日放送のワイドショー「朝ズバッ!」では、全国の都道府県連に緊急アンケートしたところ、半分以上から回答があり、7月の参院選について「影響を懸念する」と答えたのが6割を超えたという。また、小沢氏に「さらなる説明が必要」とするのが7割超にもなったとしている。

 さらに、島根県連がなんと、政党支持率の下落を理由に、幹事長職について「辞任もしかたない」と回答したというのだ。

 ところが、同県連の石橋富二雄幹事長によると、これは県連代表の考えで、協議して決定したものでないという。「僕が不在中に答えたもので、僕自身は続投すべきと思っています。何が悪いか真相がはっきりしていませんし、小沢さんはいずれ説明するでしょう」。村越議員の発言については、「単純すぎますね。経緯を見て判断すべきです」としている。

 小沢幹事長については、「朝ズバッ!」の調査では、回答した都道府県連の7割超が「続投支持」と答えている。「衆院選を通じて感じたことですが、どうしても小沢幹事長を中心にやってもらわねばならない」(栃木県連の佐藤栄幹事長)との声があり、辞任要求までできない事情があるようだ。


■関連記事
モノ言えば唇寒し?民主党 その中で横粂議員「勇気ある発言」 : 2010/01/19
ブログやツイッター「検察に批判的」 ジャーナリストがいうのは本当か : 2010/01/19
小沢幹事長の土地購入「事件」 特捜部はなぜこれほど強気なのか : 2010/01/18
小沢幹事長会見に反発 宮内「陛下に僭越。ムカムカする」 : 2009/12/15
こう撮ればみんな小顔美人  「盛り写」のマル秘テクニック : 2010/01/15

<ロゴマーク>「YOSAKOIソーラン祭り」トラブル(毎日新聞)
23項目の看護系大コア・カリ案(医療介護CBニュース)
山本病院元理事長を保釈=診療報酬不正受給−奈良(時事通信)
<産業ガス販売>カルテルの疑いで十数社立ち入り 公取委(毎日新聞)
ガソリン160円超で課税停止=価格高騰時の新制度−政府税調(時事通信)

融資名目、2億5000万詐取 容疑の東電元幹部ら逮捕へ(産経新聞)

 「東京電力が担保物件を提供する」などとうそを言い、事業融資金名目でリース大手「オリックス」(東京都港区)から現金約2億5千万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課と久松署は21日、詐欺と有印私文書偽造・同行使の疑いで、50歳代の東京電力元幹部と知人のコンサルタント会社社長を逮捕する方針を固めた。

                   ◇

 ■「担保物件を提供」

 元幹部らはオリックス以外の複数の会社にも同様の手口で融資を依頼、多額の現金を詐取したとみられ、同課は被害総額の特定を進める。

 同課の調べなどによると、元幹部らは平成20年夏ごろ、オリックスに対し、コンサル会社社長が経営する会社への事業融資を持ちかけ、コンサル会社と東京電力の間で合意したとされる架空の契約書を示したうえで「東京電力が保有する物件を担保にする」などとうその説明をし、現金約2億5千万円をだまし取った疑いが持たれている。

 元幹部は東京電力で勤務した後、犯行時は関連会社に再就職していた。しかし、オリックスとの交渉の場では東京電力の現職社員を名乗っていたという。元幹部が示した契約書の押印欄には、東京電力の印鑑が押されていたが、捜査2課は元幹部らが印鑑を偽造した可能性が高いとみている。

 期日を過ぎても社長側から融資金が返済されなかったため、オリックスが東京電力本社に担保物件の確認をしたことで不正が発覚。オリックスが21年5月、詐欺罪で警視庁に刑事告訴していた。

 不正発覚を受け、東京電力が内部調査を実施。元幹部は同社の聞き取り調査にあいまいな供述をしており、調査中の21年6月ごろ、関連会社を自主退社したという。

【十字路】朝青龍関をモデルにした仏像に願いを込める「願文」(産経新聞)
診療時間内で対価得られる診療報酬を−日医・中川常任理事(医療介護CBニュース)
衆院代表質問 首相らの疑惑、論戦スタート(毎日新聞)
「貧困ビジネス」FISの3人告発=2億円脱税容疑−名古屋国税局(時事通信)
小沢幹事長、2回目の衆院本会議には出席(産経新聞)

【産経・FNN世論調査】自民は回復の糸口つかめず(産経新聞)

 鳩山内閣の支持率が続落する中、野党第一党の自民党の支持率は回復の兆しがなく、低迷している。今回の調査でも18・6%と、昨年12月に実施した前回の19・2%から0・6ポイント減った。民主党への期待と自民党への不信が根強いことが一因だが、自民党内には与党の「敵失」を得点に結び付けられない執行部への不満が募りつつある。

 調査では、5項目で民主党と自民党を「比較」したが、すべてで自民党が完敗した。「党首」では谷垣禎一総裁は鳩山由紀夫首相(民主党代表)の半分にも満たず、「党の雰囲気」でも民主党は小沢一郎幹事長の独裁ともいわれるのに34ポイントも差をつけられた。「政策」や「参院選」になると3倍の差だ。

 ただ、自民党支持者に限れば、「党首」71%▽「政策」46・8%▽「党の雰囲気」60・2%▽「人材」54・8%−といずれも自民党が民主党を上回り、「参院選」だけが36・6%で民主党より0・6ポイント下回った。民主党との差を縮めるためには、自民党支持層固めが最優先といえそうだ。

 残る問題は、回復のきっかけをどうつかむかだ。

 大島理森(ただもり)幹事長は「通常国会で国民から自民党の新しい姿を見ていただくことが大事だ」と強調。谷川秀善参院幹事長は「(民主党への)祝儀相場が続いている。国民は自分らが選んだ政権だと思っているから」と分析し、自民党回復にもうしばらく時間がかかるとみている。

 一方、中堅議員は12日の総務会で、谷垣氏に「党の支持率が上がらない理由を調べるべきだ」と注文するなど、自民党内には不満がたまっている。別の若手は「参院選で負ければ自民党は本当に終わるということを、執行部はわかっているのか」として、夏までに党内抗争が起こる可能性を指摘する。

【関連記事】
鳩山首相「幹事長信頼して一枚岩に」
首相にふさわしい人に菅氏急浮上 産経・FNN合同世論調査
“世間ズレ”鳩山、支持率急落 不支持40%前後にも
主な質問と回答 産経・FNN合同世論調査
民主党の高嶋、平田両氏がマスコミに八つ当たり

首相動静(1月17日)(時事通信)
<エスカレーター事故>中学生8人転倒し負傷 NHK名古屋(毎日新聞)
160区間の割引切符を廃止=「東京−青森」回数券など−JR東(時事通信)
石川議員の元秘書、「秘書給与ピンハネ」疑惑も証言(産経新聞)
<無料低額宿泊所>厚労省、運営費助成へ 優良施設を選別(毎日新聞)

<TBS報道番組>取材対象の郵便、通信社の記者が無断開封(毎日新聞)

 TBS系で09年12月に放送された詐欺事件に関する特集で、取材を担当した通信社の記者が対象者の郵便物を無断で開封していたことが15日分かった。

 TBSによると、企画を持ち込んだAPF通信社(東京)の担当者が取材対象の外国人男性の本名を知るためアパートの郵便受けから公共料金の請求書を抜き取って開封。内容を確認したうえで修復し、戻したという。

 TBSはこの事実を伝えられないまま、12月5日の「報道特集NEXT」と8日の「イブニングワイド」で放送したが、最近事実を把握したという。TBSは今月14日の「イブニングワイド」で「不適切な取材が行われていないか確認する責任があり、深く反省しています」などと謝罪。16日の「報道特集」でも経緯を報告する。一方、APF通信社もホームページ上におわびを掲載した。【栗原俊雄】

【関連ニュース】
出会い系:サクラで詐欺 サイト業者ら11人逮捕
診療報酬不正受給:山本病院理事長に懲役2年6月の判決
携帯充電器:設置巡り賠償訴訟相次ぐ 説明通りの収益出ず
フィッシング詐欺:5容疑者逮捕 被害総額1億円超か
詐欺容疑:死んだ父親装い恩給詐取 津の65歳逮捕

志位・共産委員長「小沢氏は説明責任果たせ」(産経新聞)
日本一早咲きの桜、沖縄の寒緋桜が見ごろ(産経新聞)
<殺人>妻と長男を絞殺容疑、67歳逮捕 愛知・知立(毎日新聞)
大久保容疑者を逮捕 東京地検特捜部(産経新聞)
パラリンピック代表、わいせつ行為で懲役8月(読売新聞)

<訃報>小紫芳夫さん82歳=前臓器移植ネットワーク会長(毎日新聞)

 小紫芳夫さん82歳(こむらさき・よしお=前日本臓器移植ネットワーク会長)17日、肺血栓塞栓(そくせん)症のため死去。密葬は親族で行う。社葬を後日行うが日取りは未定。問い合わせ先は、会長を務めた横浜倉庫総務部。喪主は妻恵美子(えみこ)さん。

 2人の娘を腎臓病で亡くし、臓器移植の普及に取り組んだ。97年発足した日本臓器移植ネットワーク初代会長に就任し、06年まで務めた。

<連れ回し>知人女性と3人の娘を車で 24歳男逮捕 広島(毎日新聞)
鳩山首相、小沢氏続投を了承=「身の潔白信じる」(時事通信)
<陸山会土地取引>小沢氏側へ資金「ゼネコンが補てん約束」(毎日新聞)
橋下知事提案「大阪版・事業仕分け」スタート(読売新聞)
大阪の居酒屋で猟銃発砲、3人が心肺停止(読売新聞)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。