So-net無料ブログ作成

アトピー性皮膚炎治療薬の共同開発に向け協議へ―アンジェスと塩野義(医療介護CBニュース)

 アンジェスMGは3月29日、アトピー性皮膚炎などを適応症として開発中のNF-κBデコイオリゴについて、塩野義製薬と共同開発および独占的販売権の付与を目的とした正式な協議を開始すると発表した。

 協議対象は、アトピー性皮膚炎や欧米に患者が多い尋常性乾癬など、外用薬で治療する皮膚疾患全般。既にアンジェスがアトピー性皮膚炎適応のために国内フェーズ2試験を終了した軟膏製剤のほか、皮膚浸透性を改善した製剤も含むとしている。

 アンジェスによると、軟膏製剤については、これまでの試験で中等症以上の顔面のアトピー性皮膚炎に対する治療効果を確認。既存のステロイド外用薬やタクロリムス水和物軟膏で認められる皮膚感染症などの副作用については、プラセボと同様に低い発現率だったという。

 アトピー性皮膚炎は、かゆみのある湿疹を伴う皮膚炎。過剰免疫によるアレルギー反応が原因とされ、卵や牛乳などの飲食や、ダニやほこりなどの環境、ストレスなどによって生じる。アンジェスによると、患者数は増加傾向にあり、現在日本で約140万人。

 塩野義製薬は現在、自社開発のアトピー性皮膚炎治療薬(外用薬)のフェーズ2試験を実施しているが、「炎症を抑えるNF-κBデコイオリゴと、炎症とかゆみを抑える(同社の)開発品は作用機序が異なり、共存できる」としている。


【関連記事】
「分析・新薬価制度」(下)―酒井文義氏(クレディ・スイス証券医薬品シニア・アナリスト)
一般用医薬品「ポポンピュメリ錠VB」など新発売―塩野義製薬
インフルエンザウイルス迅速診断キットを共同販売―塩野義製薬
膣委縮症治療薬でライセンス契約―塩野義製薬
インフル治療薬ラピアクタの小児適応を申請―塩野義

<掘り出しニュース>コアラが名古屋から婿入り 赤ちゃん誕生に期待−平川動物公園(毎日新聞)
電車内で「目があった」と児童数回殴る 47歳の男逮捕(産経新聞)
日本船侵入を他のSSメンバーが手助け 共犯の疑いで捜査(産経新聞)
北教組事件 小林千代美氏、議員辞職せず「職責を全う」(毎日新聞)
小沢氏、生方氏の解任を撤回 「もう一度補佐してほしい」(産経新聞)

「女性とは6年交際」=週刊誌報道で陳謝−中井公安委員長(時事通信)

 中井洽国家公安委員長は25日の記者会見で、交際女性に衆院議員宿舎のカードキーを渡していたなどと報じた週刊誌記事について、「女性とは6年ぐらいのお付き合いで、週に1回掃除に来てもらっている」と説明した。
 中井氏は同日午前、首相官邸で平野博文官房長官と面会。「私事でお騒がせします」と陳謝し、長官からは「十分気を付けてください」と言われたという。面会後、記者団から「辞任する考えは」と聞かれ、「どうしてですか。全然ない」と否定した。 

「橋下新党」4月中旬旗揚げ=府議会内会派は1日発足−大阪(時事通信)
普天間移設先2案、社民・福島党首が反対表明(読売新聞)
首相、小沢氏らと懇談「国民の目は厳しい」(読売新聞)
不適切昇給「わたり」福島・千葉県も…総務省(読売新聞)
亀井・菅両氏、「言った」「言わない」水掛け論(読売新聞)

<商店街火災>「中島廉売」で全盲写真家がイベント 函館(毎日新聞)

 全盲の写真家、大平啓朗(ひろあき)さん(30)が26、27の2日間、火災が起きた北海道函館市の商店街「中島廉売(れんばい)」でチャリティーイベントを開く。大平さんの講演やミュージシャンのライブなどで募金を集め、店舗の復旧などに充てられる。商店街の野菜を使った料理なども安く振る舞われる。

 上川管内下川町出身の大平さんは山形大理学部大学院に在籍中だった03年、毒性の強いメタノールを誤って飲み意識不明の重体に。3日間、生死の境をさまよい意識が戻ったときは失明していた。

 子供のころから好きだったカメラを手に日本縦断の旅に出たのが09年6月。匂(にお)いや風を頼りにシャッターを切り、知り合った人の家に泊まった。夜は旅の話を肴(さかな)に好きな酒を酌み交わしたという。「目が見えないことは交流の障害にはならないと分かった」。今年3月からは旅を一時中断し、知り合いのいる函館で身体障害者への理解を深めようと講演会などを行っている。

 1934(昭和9)年の函館大火で焼け出された露店商たちによって始められたとされる中島廉売は、地元の人に親しまれてきた商店街。4店舗が焼損した16日夜の火災で、市は改修を検討しているが、「商店がひしめき合う懐かしい長屋がなくなる」と店主らは心配する。そのため大平さんは「チャリティーで人が集まれば商店街が明るくなる」と意気込む。問い合わせは実行委員会(0138・51・0026)。【佐藤心哉】

【関連ニュース】
火災:住宅全焼、遺体見つかる 山林も延焼 東京・八王子
火災:事業所が全焼、焼け跡から遺体 2人負傷 埼玉
火災:興人工場の倉庫から黒煙と炎 熊本県八代市
強風:首都圏も交通混乱 多摩川では枯れ草火災
たまゆら火災:住民らも犠牲者を悼む 群馬で一周忌法要

<日本鋼管病院>診療報酬過大受給か 育休看護師ら「常勤」(毎日新聞)
衆院外務委員会参考人質疑(斎藤議員)(産経新聞)
投票先で「みんなの党」がついに10%(産経新聞)
兵庫知事と朝鮮学校に脅迫状…知事には薬きょうも(読売新聞)
大阪・和泉寺跡から泉南を統治した地元豪族名の瓦が出土(産経新聞)

<粉飾決算>「ニイウスコー」元会長ら告発 証取法違反容疑(毎日新聞)

 システム開発会社「ニイウスコー」(東京都中央区)による巨額粉飾決算事件で、証券取引等監視委員会は19日、05年6月期決算を粉飾したとして横浜地検に再逮捕された元会長の末貞郁夫(62)=横浜市青葉区=と元副会長の大村紘一(68)=神奈川県藤沢市=の両容疑者を証券取引法違反(有価証券報告書等の虚偽記載)の疑いで同地検に告発した。

 監視委によると、コンピューターメーカー大手「日本IBM」(東京都中央区)などを取引先とする新たな不正取引が見つかり、最終的な売上高の粉飾額は05年6月と06年6月の両期で274億円となった。

【関連ニュース】
ニイウスコー粉飾:日本IBMを強制調査 証券監視委
売上高水増し:容疑のニイウスコー元会長ら2人再逮捕
ニイウスコー:元会長ら再逮捕へ 05年決算も粉飾容疑
日本IBMグループ:4000億円申告漏れ…争う姿勢
証取法違反:売上高水増し容疑で元会長ら逮捕…横浜地検

「離党・辞職否定、良くない」=小林議員進退で民主幹部と協議へ−鳩山首相(時事通信)
拉致被害者支援法改正案、午後に衆院通過へ(産経新聞)
元暴力団幹部射殺で無罪=指示役らとの共謀否定−東京地裁(時事通信)
月1回投与の骨粗鬆症治療剤のフェーズ3試験を開始(医療介護CBニュース)
地下鉄サリン「忘れたい」…給付金申請辞退も(読売新聞)

<日中韓環境相>北海道で5月に会合開催(毎日新聞)

 小沢鋭仁環境相は16日の閣議後会見で、日中韓3カ国環境相会合を5月22、23日に北海道千歳、苫小牧両市で開催すると発表した。

 同会合は3カ国の環境相が北東アジアや地球規模の環境問題を議論するため、99年から毎年3カ国持ち回りで開催し、国内での開催は4回目。今年は5月22日に千歳市で日中、日韓の2国間会談を、23日に苫小牧市で3カ国会合を行う。

 小沢環境相は開催に当たって「気候変動、生物多様性、越境汚染などについて、中韓両国に対策強化を申し入れたい。越境汚染については、大気汚染や漂着物(ゴミ)の問題などについて取り組みが進むような話を期待したい」と述べた。【大場あい】

名古屋高検の検事、盗撮しようとした疑い(読売新聞)
梅 偕楽園の3000本が満開 水戸(毎日新聞)
<直木賞選考委>平岩さんと五木さんが退任(毎日新聞)
米兵の女「基地内で飲酒」=3人負傷の追突事故−沖縄県警(時事通信)
<秋篠宮さま>タイ訪問の日程一部変更 国情の不安定化で(毎日新聞)

二条城もネットで散策 グーグル画像公開サービス、32施設追加(産経新聞)

 米インターネット検索大手「グーグル」は11日、画像公開サービス「ストリートビュー」のスペシャルコレクションに、世界遺産の二条城(京都市中京区)や西本願寺(同市下京区)を含む文化財や大学、遊園地などの32施設を追加したと発表した。コレクションに国内の世界遺産が加わるのは初めて。

 また、新たに21県でストリートビューの提供を開始するとともに、17都道府県で提供エリアを拡大する。

 この日は、二条城で公開記念セレモニーを開催。映像作成時に使うカメラ付き自転車「トライク」のデモンストレーション運転も行われた。

 出席したグーグル日本の辻野晃一郎社長は「京都とグーグルは一見ミスマッチかもしれないが、ともに文化を保存するとともに最先端のものを取り入れ続けるという点で相性はいいと思う」と話していた。

【関連記事】
ストリートビュー、東北・北関東など21県に対象拡大
対中WTO提訴も検討 グーグル検閲問題で米政府
“乱戦模様” スマートフォン向けコンテンツサイト
米中関係、協調をうたうも決定的な政治の相違
ユーチューブ、著名人企画「「My YouTube」スタート
20年後、日本はありますか?

新型ワクチン、季節性と一本化=ソ連型外す、来季の製造方針−厚労省(時事通信)
輿石氏が農地を無断転用 畑に車庫や道路…行政指導も解消せず (産経新聞)
千葉大生・荻野さん強殺、竪山被告を起訴(読売新聞)
普天間移設候補 社民本部に地元が抗議 佐賀、長崎など都道県連合 説明不足と批判(西日本新聞)
<JAXA>「あかつき」と「イカロス」公開 5月打ち上げ(毎日新聞)

<郵便不正事件>枝野行政刷新相「検察の間違いの疑い濃厚」(毎日新聞)

 枝野幸男行政刷新担当相は13日に神戸市中央区であったトーク集会に出席し、郵便不正事件で虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元局長、村木厚子被告の公判について、「検察の間違いだろうという疑いが濃厚になっており、そのプロセスにおける手法に問題があることが裁判でも出てきている」などと述べ、検察を批判した。

 一般参加者からの質問に答えた。

 枝野氏は、小沢一郎・民主党幹事長の秘書らが逮捕、起訴された事件をはじめとする政治資金規正法違反について「故意の虚偽記載は重大犯罪」と断ったうえで、「ただ、検察の捜査手法には最近、問題があると思っている」と発言。例として村木被告の公判を挙げ、「捜査のあり方を検証し、刑事訴訟法をはじめとして、しっかりと間違いのないような制度にしていかなければならないと思う」と述べた。

 村木被告の公判では、証人出廷した厚労省の元上司や部下らが次々と捜査段階の調書を覆し、村木被告の事件への関与を否定。「調書はでっち上げで、検事の作文」などと捜査批判している。【内田幸一】

【関連ニュース】
郵便不正:別の元部下も否定 大阪地裁
郵便不正:石井一参院議員、関与を否定 証人出廷
郵便不正:元係長「再逮捕を恐れ」被告関与と供述
石井一参院議員:郵便不正事件での口添えを否定
郵便不正:元係長が村木被告の指示否定 大阪地裁

<宮崎家族3人殺害>偽装工作で実子を殺害か 奥本容疑者(毎日新聞)
阿久根市長きょうも欠席、特別委審議打ち切り(読売新聞)
普天間「地元理解が先決」、米が政府に伝える(読売新聞)
支持率低下、「政治とカネ」も=官房長官(時事通信)
日米密約 「文書公開が一番の意義」 有識者委会見(毎日新聞)

直接支払制度を来年3月末まで猶予―出産育児一時金で厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は、出産育児一時金の直接支払制度の完全実施を1年先送りし、来年3月末まで猶予する方針を固めた。また、請求・支払いの機会を月1回から2回に増やす。

 昨年10月から実施されている直接支払制度では、出産育児一時金42万円が、出産した人ではなく医療機関に保険者から直接支払われる。退院から支払いまで1-2か月かかり、その間は医療機関が分娩費用を立て替えることになるため、現場から「資金繰りが苦しくなる」と反発する声があり、完全実施は今年3月末まで猶予されていた。


【関連記事】
出産育児一時金「直接支払」を半年間猶予
日産婦学会が直接支払制度の廃止を要望
直接支払制度の猶予延長を要望―保団連
一時金直接支払制度の影響?「黒字」で閉院に追い込まれる産院が増加
勤務環境の改善は「今後も相談」―日産婦学会・海野氏

教員の罰則強化、議論は容認=輿石氏(時事通信)
臓器提供施設に小児医療施設追加を―厚労省研究班が報告(医療介護CBニュース)
<中2自殺>市教委がメモ公開 いじめの有無「確認できず」(毎日新聞)
7年前の松原放火、供述 神奈川 無銭飲食で出頭の男(産経新聞)
佐藤家文書「密約」の効力なし、と有識者委(読売新聞)

<伊方原発>プルサーマル試運転 3号機の発電再開(毎日新聞)

 四国電力は4日、伊方原発3号機(愛媛県伊方町、加圧水型、出力89万キロワット)の発電を再開し、国内2例目となるプルサーマルの試運転を始めた。順調にいけば、国の検査を経て、30日からプルサーマルの本格運転を始めることになる。

 四電によると、定期検査中の3号機は4日午前6時5分、出力4万5000キロワットで発電を再開。徐々に出力を上げ、7日にフル稼働に達する予定。

 3号機は1月から定期検査に入り、2月9〜12日にMOX(ウラン・プルトニウム混合酸化物)燃料16体を取り付けた。同機で昨年11月に起きた微量の放射能漏れの原因究明のため、予定から約1週間遅れの今月1日に原子炉を起動。2日に核分裂の連鎖反応が一定の状態になる「臨界」に達した。

 四電の千葉昭社長は「何よりも安全を最優先に取り組んでいく」とコメントを出した。【栗田亨】

【関連ニュース】
プルサーマル発電:伊方原発3号機が起動 国内2例目
プルサーマル発電:伊方原発3号機「臨界」に
プルサーマル計画:伊方原発3号機で送電開始へ
四国電力:伊方原発3号機 MOX燃料取り付け作業始める
プルサーマル発電:市民団体が中止求める 保安院に要望書

東電との取引装い融資金詐取、社長を再逮捕(読売新聞)
エステ会社社長ら3人逮捕=無資格で光脱毛−兵庫県警(時事通信)
ふんわり春やね 大阪城公園で梅見ごろ (産経新聞)
<生ごみ>石炭並みの熱量燃料に 静岡大グループ開発(毎日新聞)
普天間、検討委打ち切りも=水面下で調整−平野官房長官(時事通信)

遭難の男女3人発見=自力で歩行−宮城・山形県境の船形山(時事通信)

 宮城、山形県境の船形山(1500メートル)に登り一時連絡が途絶えた宮城県の60〜70歳の男女3人を、捜索していた自衛隊員が3日正午すぎ、発見した。宮城県警大和署などによると、いずれも自力歩行可能で、命に別条ないという。
 発見されたのは後白髪山(1423メートル)の頂上の北約500メートル付近。3人は1日午前8時ごろ日帰りの予定で入山したが、夕方、「下山途中で道に迷った」と家族に連絡。3日までに警察と家族に計7回の連絡があり、無事を伝えていた。 

【関連ニュース】
遭難の男女、全員無事=宮城・山形県境の船形山

防大生3人逮捕 女性に暴行未遂の疑い(産経新聞)
はしか接種、新型インフルの影響で伸び悩み?(医療介護CBニュース)
舛添氏は批判の資格ない=「谷垣降ろし」発言を批判−自民幹事長(時事通信)
NC独法化後の業務方法書案や償還計画案などを了承(医療介護CBニュース)
iPS細胞センター、研究所に=スタッフ120人、来月発足−京大(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。